店舗でも工場でも活躍する呼び出しベル!活用術を紹介します

店舗でも工場でも活躍する呼び出しベル!活用術を紹介します

一層使いやすいお店にするため呼び出しベルを有効活用

番号の付いた受信機

多種多様な業種で現場利用されているシステムの一つにコールシステムがあります。代表的と言って良いいのが呼び出しベルで、医療機関の洗面所や入院患者のベッドわきに備えつけてあるものを見たことがある人も多いでしょう。呼び出しベルが他によく利用されている場所と言えば、レストランがあります。客席にシンプルなボタンタイプの呼び出しベルが設置されており、オーダーの際にはそれを押して店員を呼ぶ仕組みです。現在運営している店舗において、お客様がスタッフとより気軽にコミュニケーションできるようにしたいと考えているなら、是非、こうした呼び出しベルの設置を優先して考えてみましょう。
呼び出しベルを導入している飲食店で、お客様がどんな点をメリットと考えているかを調べてみれば、自社で呼び出しベルを導入する意義が明確になるかもしれません。例えば、広い店舗の片隅にあるスタッフの目に入りにくい座席では、手を上げてスタッフを呼ぼうにも、気づいてもらえないことが多々あります。そうかといって、見晴らしがよく落ち着いたお店で突然大声を出して店員を呼ぶのもなかなか勇気がいるものです。呼び出しベルの設置一つで、こうした状況を簡単に改善することができます。似たような状況が課題となっているなら、呼び出しベル設置が、きっと有効なソリューションになるでしょう。

スタッフと相談しながら最適な呼び出しベルを選択しよう

お店の人気が今一つという場合、品ぞろえ、価格帯に何ら問題がなくても、接客の質が課題となっているケースは多いものです。業種にもよりますが、接客において重要なことは、待たせないこと、お客様のニーズを的確に把握すること、不適切な対応をしないことなどです。こうした点が課題になっている場合、コールシステムを普段の仕事に導入することで有効な対策が取れる可能性が高いので、呼び出しベルなどの設置を検討してみるとよいでしょう。
呼び出しベルは、介護施設、医療機関での導入の他、飲食店を中心として、接客が重要な役割を果たす業種で幅広く活用されています。様々な業務に使われるようになったため、呼び出しベルの仕様や機能も進化、多様化しており、自社に合うものを見つけるには、必要な機能や仕様について予め吟味検討しておくと良いでしょう。自社業務に呼び出しベルを活用する際、どんな機能が必要かを検討するには、是非、現場スタッフの意見を尊重しましょう。スタッフ同士の呼び出しベルがあれば、トラブル対応が必要な時にすぐに対応方法が分かるスタッフに直通で相談できる、お客様に使ってもらう呼び出しベルの場合は、操作方法がシンプルなものが良いなど、貴重な意見が数多く出されるはずです。

呼び出しベルのフル活用で人気店を目指す!

提供している商品やメニューの内容に自信があり、実際、利用者からの評判も良いのに、人気店と呼べるに至るまで今一歩といった状況のお店もあるでしょう。そんな場合は、接客サービスの品質が課題かもしれません。好みのアイテムを手が届く価格で販売していれば、それだけでもお客様には喜んでもらえます。しかし、接客に難があると、その一点でお店への評価を大幅に下げてしまうお客様が少なくないことも確かです。
例えば、コールシステムの一つとして非常にポピュラーなアイテムに呼び出しベルがあります。接客上の問題としてよく挙げられるのは、お客様が店員の助けを必要としているのに気づかない、あるいは、気づくのが遅いため、お客様がお店での経験に対して良い印象を持たないというものです。これは、呼び出しベルを店内に設置して、お客様が何らかのサポートを必要としている際、店員が速やかに対処に当たることで解決できる課題です。お客様としても、特に用もないのに店員に始終まとわりつかれるのも心地よくないでしょうし、必要な時にだけスピーディに対応してもらえるのがベストでしょう。呼び出しベルは、まさにこうしたニーズにマッチするツールですので、導入を進めてみてはいかがでしょうか。

NEW POSTS

Copyright © 2021 店舗でも工場でも活躍する呼び出しベル!活用術を紹介します All Rights Reserved.